空室はどうすることで確認することができる?

長い間空室にしてある部屋とは・・・「これもつけて、あんな設備だってつけます。そして、家賃はこのくらいですが・・・どうですか?」と、とても安くすることができるでしょう。「人が入らないことはマイナス」になるということなので、やっぱりそれなりにあったら嬉しいことをつけることができるものなのです。

さて、そのことを考えてみたときに・・・「私は自分の部屋を借りたのならば、ある程度好きなようにしたいと思っている。だからこそ、なるべく空室の期間が長くて、わがままを言うことができるところがいいと思っている」なんてことを思っているとしましょう。ですが、そんなことはどうやって確認をしたらいいのか?もちろん、不動産屋の人が教えてくれるなんてこともあるでしょうが・・・それが不確かで「なんだかわからない」なんてことだってあるでしょう。一番確実なのは・・・「実際に見にいくこと」なのです。

と、いうのも・・・見るところはお部屋ではありません。そのお部屋についている「ガスメーター」なのです。そこにはちゃんと最後に使った日を記した札があるものなのです。それを見て・・・「ここはいいな」と、思うのならば、契約する前に「こういうことをするのならば、私はここに決めようと思っているのですよ」なんてことを言ってみてはどうですか?あまり交渉している人を見ないものですが、やっぱり言葉にすることは本当に大切なことなのです。それもしないで「なんとなく・・・察して欲しい」なんてことを思ったとしても、それをしてくれる人はいないでしょう。

空室の期間が長いことを、逆に手にしてしまうことなのです。そうでもないと、やっぱり「自分が好きなような家に住む」なんてことはできないままになってしまうことでしょう。あなたが求めているものはどんなお部屋ですか?そのことを考えてみたときに・・・「欲しいもの」を、優先するようにしてはどうでしょうか?まずは確認してください。

青山メインランド

イングリッシュスクールで英会話を話したい方、勉強したい方は飯田橋新宿のKEEP UPまで